MENU

縮毛矯正を長持ち! haruシャンプーはいつからできる?

 

「縮毛矯正をやった後って、いつ頃からシャンプーして良いのだろう?」「いつも通りのシャンプーの方法で適切なのだろう?」と悩んでいませんか?

 

ヘアカラーをやった時に、カラーをもたせるためには、今夜はシャンプーし無いようにと美容師さんに言われ経験がある人も多いでしょう。
これだと「縮毛矯正もその日にシャンプーはやらない方が耐久性があるのかな?」と心配になってしまいますよね。

 

そこで今回は、縮毛矯正後はいつの頃からシャンプーをスタートして正解なのか、縮毛矯正後のシャンプーのやり方、髪のメンテナンスやり方をご紹介します。
美容室で時間をかけて勝ち取ったさらさらストレートヘアを、ちょっとでも保持するために、ぜひ基本としてはどうでしょうか♪

 

 

縮毛矯正後はいつの頃からシャンプーして正解なの?

 

髪をストレートにする方法
縮毛矯正後は、いつのころからシャンプーをスタートさせても正解なのでしょうか。
正確に言うと、施術後丸一日以上たった後だとのことです。

 

縮毛矯正は1液で髪の癖をとり、アイロンによって熱して髪をストレートに矯正し、2液でストレートヘアを固めるというステップで、施術が施されます。
その2液が髪になじみ、十分に浸透するまでに、最低丸一日程度必要になるとされています。
なので、2液が定着しきっていない24時間以内にシャンプーを行なうと、縮毛矯正が落ちてしまうことが多いです。

 

しかし、この24時間ってのは、あくまでも一般的な規準です。
取り扱うパーマ液や施術方法によって、当日の夜からシャンプーできちゃうケースも、48時間開けた方が良いというケースも存在します。
シャンプーをいつの頃からしてベストなのかは、施術してもらった担当の美容師さんに、まずチェックするようにしましょう。

 

縮毛矯正後にシャンプーするときの着眼点

 

縮毛矯正 シャンプー
さらさらストレートヘアを保持するために、縮毛矯正後のシャンプーは丸一日以上の時間を空けることも重要ですが、それ以後のシャンプーのやり方にも注目すべき点が存在します。

 

縮毛矯正後の髪はデリケートなため、着目点を外さないでシャンプーしないと、サラサラの髪を保持しにくくなっちゃうでしょう。
そこでシャンプーをするときに、縮毛矯正後の髪に負担を負わせづらくするための、3つの着眼点をご紹介します。

 

弱酸性のシャンプーを選択する

 

縮毛矯正後は、弱酸性のシャンプーを選んで活かすことが大切です。

 

本来髪は、弱酸性です。
しかし縮毛矯正用のパーマ液はアルカリ性のため、縮毛矯正後の髪はアルカリ性に傾きがちになっています。

 

アルカリ性に傾くと、髪はこすれなど外側からのダメージなどによって壊れやすくてなっていくのです。
なので再度髪が弱酸性に傾くように、弱酸性のシャンプーを活用することが重要です。

 

他にも、マイルドな洗い心地のアミノ酸系のシャンプーなども、髪や頭皮に負担が掛かりにくいでしょう。

 

優しい力加減でシャンプーをする

 

縮毛後のシャンプー時には、常日頃よりもソフトな力加減でするように意識してください。

 

縮毛矯正後の髪は、デリケートな状態に陥っています。
また縮毛矯正のパーマ液によって、頭皮にもいくらかのダメージはかかってしまっています。

 

そのため、シャンプーで更に髪や頭皮を傷付けてしまうことがないよう、ソフトな力加減でシャンプーをやることが大切なのです。
分かりやすく言うと以下の要素に気をつけてシャンプーをしましょう。

 

  • 予洗いをきちんとやる
  • シャンプーは髪につける前に手のひらで泡立てる
  • 爪を立てずに指の腹で汚れを落とす
  • 強く髪をこすらず泡でつつむように洗う

 

シャンプー後はすばやく髪を乾かす

 

縮毛矯正後は、シャンプーなどを終わらせてお風呂から上がったら、すぐに髪を乾かすことを意識しましょう。
濡れている髪はキューティクルが開放していて、傷付きやすい状態です。

 

また開いたキューティクルの隙間から、次々髪の水分が逃げて行ってしまい、髪の乾燥にも結びついてしまうことになるのです。
なので、可能な限り早くドライヤーで濡れた髪を乾かして、キューティクルを閉じることが必要になります。

 

ドライヤーは髪の流れに従って、上から下に風が流れるように当てた方が良いでしょう。
また温風のみで乾かすことは違って、ラストに冷風をあてることで、いい感じにキューティクルが閉じやすくなります。

 

 

縮毛矯正後に心に留めておきたい髪のケア方法

 

髪をストレートにする方法
縮毛矯正後に注意したい髪のケア方法を3つご紹介します。

 

髪のメンテをしっかり行なうことは、縮毛矯正を美しい状態で保持する結果にもつながますから、確認しておきましょう。

 

髪の保湿のケアをする

 

まずは、髪に保湿のケアをするのをしっかり行うようにしましょう。
縮毛矯正後でダメージを及ぼしている髪は、乾燥しがちな状態にあり、髪が乾くことによってなお一層髪が傷つきやすくなるという負のスパイラルが発生してしまうためです。

 

お風呂から上がったら髪をいち早く乾かすことも、保湿のケアのひとつにつながります。
またドライヤーの前に洗い流さないトリートメントを使うことで、髪の内部にある水分を保つことができるので、髪の保湿のメンテという形で取り入れてみてはいかがですか。

 

ブラッシングはやり過ぎ無いようにすべき

 

縮毛矯正後は、むやみにブラッシングはやらないことを意識しましょう。
縮毛矯正によって負担がかかっている髪は、ブラッシングでの摩擦もより一層のダメージの要因になってしまうこともあるそうです。

 

そうは言っても朝家を出る前のヘアセットのときや、シャンプー前に髪が絡まっているのを梳かすためにはブラッシングは外せません。
そのため、1日に事あるごとにブラッシングに手をつけることは諦めるように注意が必要です。

 

髪を結ばないようにする

 

縮毛矯正後2〜3日という期間は、髪を結ば無いようにすべきです。
縮毛矯正をしたばっかりの髪は、力がプラスされる事態による、折れ曲がったりというクセが付き易い実態になっています。

 

そのため髪を結んだりしてしまえば、結び目のところに髪が曲がるようなクセがついてしまう可能性も高いのです。
キレイなストレートヘアをキープするのにも、念押しとして2〜3日は、ストレートのダウンスタイルで過ごすことが必要です。

 

また縮毛矯正をかけたその日は、髪を耳にかけてたりしたらクセがついてしまうことがあるので、ご注意ください。

 

まとめ

 

髪の毛 すき方
今回は縮毛矯正後のシャンプーや髪のアフターケアに関してお伝えしましたが、どうでしたでしょうか。

 

せっかくお金と手間を掛けて勝ち得たさらさらストレートヘアとすれば、わずかでも長持ちさせたいものですよね。
そのためには、正しいシャンプーやメインテナンスの方法を実践することが、大切なポイントとなります。

 

 

関連サイト

 

haruシャンプー 口コミについてはこちら