MENU

haruシャンプーを子供に使うことでのメリットとデメリット

 

haruシャンプーは大人専用のシャンプーというイメージですがじつは子供にもとってもいいシャンプーなんです。
市販のシャンプーと比べるとharuシャンプーは高いのでもったいないって口コミの意見もあったぐらいですからね(笑

 

でも、よくよく考えてみるとharuシャンプーって大人よりも子供にこそ使ってあげたいシャンプーだという事に今回気がつきました。
ということで今回はharuシャンプーを子供に使ったときのメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

haruシャンプーを子供に使うことのメリット

  • 洗浄力の強い成分から子供の肌を守れる
  • 低刺激で肌にやさしい
  • リンス不用なので手間がはぶける

 

まずharuシャンプーを子供に使うことの最大のメリットは子供肌を守れるということです。

 

あなたは、ご存知ですか?
子供の皮膚の厚さって大人の半分ぐらいの厚みなんです。
大人の肌の厚みが2,3ミリに対して、子供の肌って1.2ミリほどしかありません。
だから子供の肌ってぷにぷにで柔らかいのにはそういった理由もあるんです。

 

じゃあ何故haruシャンプーを使う事で子供の肌が守られるのでしょうか?
これはharuシャンプーに使われている成分が理由です。

 

シャンプーの一番の目的は汚れを落すことですよね
なのでシャンプーには1日の汚れを落す洗浄力が重要になってきます。

 

そして頭皮の汚れというのは皮脂 つまりは油です。
これは大人でも子供でも関係なく皮脂は出ます。(代謝の多い子供のほうが場所によっては大人よりも多いこともあります。)

 

じゃあこの皮脂を落すためにどんな成分で落すのかでシャンプーのタイプが変ってきます。
haruシャンプーの場合は天然100%の成分を使用しているので肌に優しいノンシリコンシャンプーです。

 

一方市販で販売されているシャンプーには、「ラウレス硫酸Na」、「ラウリル硫酸Na」といった成分が使用されているのですがこれはコストが安い代わりに洗浄力が非常に強い成分なので髪や頭皮にダメージを与えてしまうと言われています。

 

もし今市販のシャンプーを使っているのでしたら一度成分表を見てみてください。
「ラウレス硫酸Na」、「ラウリル硫酸Na」が配合されていたらアウトです

 

haruシャンプー
天然100% ノンシリコンシャンプー 
メリット : 肌や髪にやさしい
デメリット : コストが高い

 

一般の市販のシャンプー
「ラウレス硫酸Na」、「ラウリル硫酸Na」を使用
メリット : 大量生産のコストが安い
デメリット : 洗浄力が強すぎて頭皮にダメージ

 

つまりharuシャンプーを子供に使う事は、洗浄力の強い成分から子供の肌を守り
そして低刺激で肌にやさしい成分で1日の皮脂の汚れを落せるという最大のメリットをえられることができるのです。

 

それに、haruシャンプーの場合はリンスが不用なので子供のシャンプーの手間も一つ省けるというメリットもあります。

 

haruシャンプーを子供に使うことでのデメリット

  • 市販のものと比べて割高になる
  • もったいないって気持ちが出てくる

 

haruシャンプーを子供に使う事での最大のデメリットはやっぱりコストが高くなることでしょう
haruシャンプーは市販シャンプーよりも高いのでもったいないなぁ〜って気持ちがでちゃうところでしょうね

 

私も子供の頃、母のシャンプーを使ってめっちゃ怒られた事がありました(笑

 

ですが、haruシャンプーを子供に使う事でのデメリットは他にもあるか考えてみましたがありませんでした
まず、成分的な理由によるデメリットはゼロといっても過言ではありません。

 

なので、子供の肌がちょっと心配、肌が弱い子供だけど使っても大丈夫?といった場合からくる心配については大丈夫です!

 

 

まとめ

haruシャンプーを子供に使うことでのメリットとデメリット

 

結論 : haruシャンプーは子供に使っても大丈夫!

 

もしあなたがharuシャンプーを使って髪質や頭皮の調子がよくなったと実感しているのでしたら
それはあなたのお子さんにも同じような効果が出ると思ってもらってもいいかと思います。

 

あなたが使っていいものだと感じたものであれば、
あなたの遺伝子を受け継いだあなたの子もきっといいものだと感じてくれるはずです。

 

 

 

関連サイト

 

haruシャンプー 口コミについてはこちら