MENU

くせ毛の悩みはシャンプーで解決できるの?

あなたのくせ毛 haruシャンプーで改善できるかも?

 

くせ毛で悩んでいるあなた!
もしかしたらharuシャンプーでそのくせ毛を改善できるかもしれません

 

くせ毛は遺伝や体質のものだとあきらめていませんか?
縮毛矯正やストパーでいっぱいお金をかけていませんか?

 

あなたのくせ毛がharuシャンプーを使う事でよくなるかもしれないという内容です。
くせ毛になる原因とその対処方法をすこし詳しく調べてみました。

 

くせ毛が起きる原因って何?

 

  • 毛穴の皮脂詰まりによって毛がストレートに伸びて来ない
  • 髪の毛を生むコルテックスのバランスの崩れ

 

haruシャンプーで、くせ毛の原因となる毛穴の皮脂詰まりや、髪の毛の元となるコルテックスという髪の太さや強さを作る部分の改善は可能なのでしょうか?。
一口に言うと「くせ毛を治す方法」です。

 

ハッキリ言うと、毛穴の皮脂詰まりは良い状態にできます。
また、コルテックスという頭髪内部の作りは、頭部の肌環境の改善などによって変化していくといわれているようですので、頭皮環境の向上そのものはharuシャンプーに期待できるポイントです。

 

なぜくせ毛になるの?使っているシャンプーは関係あるの?

 

あなたのくせ毛 haruシャンプーで改善できるかも?

 

くせ毛になってくるのは、毛穴の皮脂詰まりにより不自然な生え方をしてしまうからです。
また、頭皮や毛髪に元気がないと、くせは激しく出ることになります。

 

よく使っているシャンプーによって、頭皮状況バランスが悪くなって頭皮の皮脂量が増大してしまうことがあります。
要因の大方は頭皮のパサパサによる皮脂の過剰分泌です。
毛穴からすごい量の皮脂が分泌されれば、そりゃあ毛穴も皮脂でいっぱいになってしまいます。

 

シャンプーの強い洗浄作用に委託してアバウトにシャンプーしているうちに、毛穴の皮脂まで取り去ることができないことから、毛穴の皮脂目詰まりが発生します。
この皮脂が妨害するので、生え始めた毛は異常なルートに毛が伸びていってしまいます、これが突然くせ毛になった人の主な原因です。

 

また、頭皮環境が正常じゃないと、髪の毛内側のコルテックスの構造均衡にもデメリットをもたらしてしまいます。

 

コルテックスとは、たんぱく質の繊維が層となっているやつで、髪の毛の大半を占めてるのです。頑丈なタンパク繊維と、ふわふわタンパク繊維から形成されいるので、この均衡が崩れたときに、くせ毛に結び付いてしまうようです。

 

毛穴の皮脂塞がり、髪の毛内側の仕組みバランスの改善には、頭部の肌条件を正すことが最もオススメです。
有効成分が確実に作用してくれるアミノ酸シャンプーの力を借りるのが良いようです。

 

haruシャンプーでくせ毛改善!!

 

それでは、haruシャンプーを活用して自分のくせ毛を正常化する方法をお伝えしましょう。

 

毛穴の皮脂詰まりを解決しましょう!
間違いのない洗い方で頭部の肌を洗い流すことで、毛穴に満杯になってしまった皮脂をすすいであげましょう。

 

毛穴の皮脂詰まりから脱する合理的洗い方は?

 

  • ヘアブラシで髪をとかしましょう!
  • 予洗いをたっぷり!
  • シャンプーの泡で頭部の肌をマッサージ!
  • すすぎは丁寧に頭皮をマッサージやりつつ!
  • タオルドライとドライヤー!

 

ヘアブラシで髪をとかすことで皮脂や汚い部分を洗い流し易くするのです。
予洗いによって70%近くの汚れを落としたら、シャンプーは頭部の肌を指の腹で円を書き表わすイメージでマッサージします。
すすぎも共通するんですが、ヌルヌル感が除去できるまでたくさんすすぐことが必要となります。
終わりに乾燥させますが、ここでタオルドライをしっかり行うのは、ドライヤーの熱で髪の毛を傷つけてしまったり、乾燥させすぎないことが理由です。

 

このようなプロセスは、頭皮の皮脂を過剰分泌ストップするための方法です。
haruシャンプーを利用することにより頭皮の乾燥もガードすることができますので、頭皮環境は元気を取り戻していくでしょう。

 

頭部の肌環境の立て直しに必須の栄養を染み込ませよう!

 

髪の毛内側のコルテックスを回復させるの為には、頭皮環境を修繕してあげることが重要ですが、そこには栄養分を行き渡らせることが必要不可欠と言えます。
そこでオススメしたいのが、haruシャンプーの『泡パック』。

 

先ほどあった【正しい洗い方】のプロセス3の段階で、泡に覆われた髪の毛をそのままに3〜4分おきながらおきましょう。
すすぎに入る前に、洗顔やカラダを洗うことを終わらせるくらいの時間ぐらいが目安です。
この時間で、毛と頭部の肌に必要な栄養を浸み込ませるのがカギになります。